カルシウムを意識したい人はこのビタミン

皆さんはカルシウムが足りているかどうか、把握したことはありますか?
普段の生活では把握することができない骨密度などが比較的、測定しやすいようになりました。
これを機に自分の骨密度を測ってみようと思って測定したところ、思ったより骨密度が低かった、となったり、自分の年齢よりもはるかに年をとった骨の状態だった!なんて人もいると思います。
骨は人間の体を支えている大事な部分です。
骨の形成にはカルシウムやアミノ酸等も必要になってくるのですが、意外にもビタミンも必要なことをご存知でしょうか?
そのビタミンとはビタミンDになります。
ビタミンDの役割というと私たちの体にはたくさんの細胞があります。
この細胞を作り出すときに必要なビタミンになるからです。
また、カルシウムが体の中に吸収してくれるように働いてくれるビタミンでもあります。
ビタミンDがたくさん摂取できる食品は青背魚の系列、アジとかイワシとかですね。
また、鮭とかにも豊富に入っています。
干物や乾物にも天日干しの商品はビタミンDが増えるといわれています。
野菜類ではきのことかにたくさん入っているのでこれらの食品をよく食べるように心がけると良いでしょう。
そしてこの日光浴なのですが、人間でも日光浴などをしますよね。
毎日、日光浴を15分することによって体の中でもビタミンDは作られるということなのです。
なので是非、日光浴をしたいところなのですが、問題は紫外線ですね。
シミなどのリスクがあるのでできれば避けたい!という人も多いと思います。
そういった人の場合、対応策として手のひらで日光浴をすると良いといわれています。
手のひらを上に向けるようにして15分ほど手のひらだけ日光浴をさせるだけでもかなり違ってくるということなので実行してみると良いでしょう。
手のひらは比較的、シミができにくい場所といわれているので、ビタミンDの合成のためにも是非、実践してみるとよいです。
なので、カルシウムの体への吸収を意識するなら是非、何らかの方法でビタミンDを摂取できるように心がけてみてください。
できれば毎日、魚類を食べるような食生活であればビタミンDの不足は心配ないということにはなるのですが、なかなかこのような食生活は難しいともいえるでしょう。
また、ビタミンDだけがカルシウムの吸収に関わっているだけではなく、ビタミンCもカルシウムの吸収には関係しています。
なので、カルシウムを意識した食事をしたときには一緒に野菜や果物を食べてビタミンCも摂取できるように工夫をして食事をしてみてください。
もし、摂取が難しい時にはサプリなどで補充しても良いでしょう。
こういったビタミンなどがないとせっかくカルシウムだけ摂取してもうまく利用されないという結果になってしまいます。
なのでカルシウムをムダにしないためにもビタミンDとCを含んだ食べ物を普段から食べるようにしておくときっと吸収率がUPすることになるでしょう。
葉酸サプリ 口コミ おすすめ